【画像】浜辺美波の子供時代がかわいい。幼少期から女優デビューまでまとめ

多数の人気ドラマ・映画に引っ張りだこ状態で、
すっかり若手人気女優の仲間入りを果たした、浜辺美波さん。

まだ若干のハタチということで、お若い波辺美波さんですが、
芸能界デビューを果たしたのが、10歳の時です。
芸歴としては10年近くになるんですね。

今回の記事では、浜辺美波さんの幼少期の頃から、
女優デビューまでのストーリーを中心にまとめてみました。

浜辺美波の基本プロフィール

生年月日/2000年8月29日
出身地/石川県
身長/156cm
趣味/読書
特技/硬筆習字特選賞(石川県)

浜辺美波 OFFICIAL SITE

年齢は20歳(2021年4月現在)で、今年21歳を迎えます。

浜辺美波さんのご本人のお話(当時17歳)でも、
周囲の人間からは「17歳に見えない。老けている。」とよく言われるとのこと。

若干ハタチながらも大人っぽさな色気も垣間見えつつ、
子供のような愛くるしさもあり、両方を併せ持つからでしょうね。

こちら当時10歳の浜辺美波さん。
10歳であの分厚い本である、「ハリー・ポッター」にはまっていたということで、
プロフィールにもある通り、本当に読書がお好きなんですね。

他にも、宮部みゆきさんや、東野圭吾さんの作品もお好きなんだそうです。。

浜辺美波の子供時代:幼少期~小中学校の頃(画像:24枚)

浜辺美波の幼少期

生まれて間もない頃の貴重な写真ですね。
浜辺美波さんは、2000年(平成12年)8月29日に石川県で生まれました。

リアル天使のような可愛らしい表情ですね。。
髪の毛もたくさん生えてきて、
目もパッチリしてきましたね。
やはり幼少期の頃から、非常に整った顔立ちだったようです。

雛人形の前で、写真を撮ってもらう浜辺美波さん。
たくさんの人形に囲まれて、非常に嬉しそうです(笑)。

近所のお祭りの写真でしょうか。
赤の浴衣もお似合いです。

満開の桜と共に映る、浜辺美波さん。

ちなみにこの撮影場所は、出身地の石川県にある金沢城公園と思われます。
金沢駅からバスで15分程の場所にあり、
金沢市内やその周辺市に、お住みだったのかもしれませんね。

浜辺美波の小中学校時代

小学校に入学した頃の写真でしょうね。
勝て貰ったランドセルを大事そうに背負う、浜辺美波さんも印象的です。

こちらは、浜辺美波さん本人のInstagramにて、
アップされた6歳の時の写真です。
ご本人のコメントに「まっくろくろすけ!」とあるように、
真夏のプールにて、がっつり日焼けしたんでしょうね。(笑)

学校の課外授業でしょうか。
泥まみれになりながらも、懸命に田植えに取り組まれています。

ほっぺたには、何が詰まっているんでしょうか?(笑)

寝顔も、もちろん美人です。
どんな夢を見ていられるんでしょうね。

浜辺美波さんの日常生活を描いたJA共済のTV-CMシリーズは、2019年に公開した第1弾の放映以来、多くの視聴者からご好評をいただき、資料請求の件数も大幅に増加するなど、大きな反響を呼んでいます。

PR TIMES

本記事で紹介させて頂きました、浜辺美波さんの子供時代の画像は、
JA共済のCM動画に用いられたものです。

浜辺美波の貴重な子供時代の写真をメインに作成したCMは、大成功だったようですね!

浜辺美波の子供時代:東宝シンデレラオーディション (画像27枚)

浜辺美波さんが受けたのは、第7回東宝シンデレラオーディション。

この時のオーディションの最終審査は3日間の合宿形式で、
4万4120人の中から選ばれた15人が、3日間の共同生活を行い、
ダンスや歌、撮影のレッスンするものでした。

この3日間の合宿期間中の全てが、審査対象だったようです。
イメージと異なり、精神的にもけっこう過酷な合宿形式の審査だったようですね。

最終審査合宿へ向かう車中にて

軽部さんと初対面の、最終選考メンバー15人。
向かって右側の2番目が、浜辺美波さんです

合宿2日目の都内の宿舎から、レッスン会場へと移動するバスの車中にて。

レッスン会場までの車中での、浜辺美波さんと軽部さんのほっこりするエピソードを、
2つ紹介させて頂きます。

エピソード①】

軽部さん

(東京シンデレラオーディションの最終選考へ)
お父さん・お母さんは、どんな風に送り出してくれたの?

浜辺美波さん

えっと、、小松空港まで送ってもらって。。

浜辺さんのご両親からどんな言葉をかけてもらったのか、
引き出そうとした軽部さんででしたが、

1枚上手だった浜辺美波さん。(笑)
具体的な交通手段で返答し、軽部さんも苦笑いのご様子。(笑)

でも本当に悪気がなく、軽部さんの質問に対して、
一生懸命に答えようとする浜辺美波さんが、初々しくてとても素敵ですね。
まだ10歳ということもあり、慣れないシチュエーションに緊張もあったんでしょう。

エピソード②

合宿所に近づくにつれて、
車中からフジテレビが見えてきて、興味深々の最終選考メンバーの御一行。

そんな中、軽部さんがフジテレビ外観の説明を軽ーく説明してくれ、
有名な球体展望室の説明に差し掛かったところで、、

軽部さん

24階の所に球体があって、、、

浜辺美波さん

何人入れますか?
あの丸い中に。

軽部さん

・・・なるほど、、中々鋭い質問が。。
ただ、僕もフジテレビの社員ではあるんだけど、
全て細かいことを知ってるわけではないので…(分からない)。
ごめんね(汗)

困った様子の軽部さんを見つめる、浜辺美波さん。
子供ならではの純粋な質問ですね。
ベテランの軽部さんも、タジタジのご様子です。(笑)

上手くダンスが踊れず号泣する浜辺美波さん。

ダンスレッスン中、自分の納得いく形でダンスが踊れず、泣いてしまう浜辺美波さん。
真剣に取り組んでいるからこそ、溢れ出た涙だったんでしょう。

泣いている浜辺美波さんを、励ます上白石 萌音(かみしらいし もね)さん
これは、非常に貴重で素敵な2ショットですね。

ライバル関係でもありながら、この最終審査までお互い残った仲間でもある。
本人達の間で何か絆のようなものがあったのかもしれません。

上白石 萌歌さんに励まされて、再び懸命にダンスレッスンに取り組む浜辺美波さん。
見ている側も、「頑張って!!」っと応援したくなりますね!

軽部さん

「頑張った、頑張った、頑張ったぞ!!」
「すごく良かったよ。」
「後半ね。すごく(ダンスの)動きが良くできるようになった!」

ぎこちなさを残しながらも、最後まで投げ出さずに
精一杯やり切った浜辺美波さんをねぎらう軽部さん。
浜辺美波さんも泣きながら、軽部さんの言葉を噛みしめるように、
必死に頷いている姿が印象的でした。

そして最後に軽部さんから、浜辺美波さにかけた言葉が素敵過ぎました。

軽部さん

(フジテレビの)球体に何人入るか、今度ちゃんと調べておくから!なっ!
頑張ろうな!!

先程の車中でのエピソード①の伏線のようになりましたが、

あの瞬間に、浜辺美波さんを何とか元気づけようと、
軽部さんがふり絞ってだした渾身の一言だったんでしょう。
心温まる素敵なエピソードですね。

オーディション退場時に靴が脱げてしまうハプニングも

こちら、審査員の前で浜辺美波さんが、自己アピールを行って退場時に
起きたハプニング。

もちろん緊張もあったでしょうし、
履き慣れない靴ということもあり、ついすっぽっりと脱げてしまったみたいです。(笑)

ただ、シンデレラのようなハプニングがあったからこそ、
良くも悪くも、審査員の印象に残ったのかもしれませんね。

東宝シンデレラオーディションをきっかけに芸能界入り

この年のグランプリを獲得したのは、上白石萌歌さんで、
浜辺美波さんは、新たに新設されたニュージェネレーション賞を受賞されました。

このニュージェネレーション賞が新たに設けられた理由は、
審査員の中で「過去に類を見ない逸材そろい」という見解が多くあり、
「次世代のエンターテイメント業界を背負っていけるだろう」という
思いが込められえて新設されたようです。

浜辺美波さんが参加された、第7回東宝シンデレラオーディションは、

プロの審査員が見た中でも、
質の高い人材が多く集まったレベルの高い大会だったということですね。

惜しくもグランプリは逃す形となりましたが、そんな高レベルの中で、
賞を受賞できたことは、非常に価値のあることだと言えますね。

浜辺美波さんは、このニュージェネレーション賞の受賞をきっかけに、
芸能界入りを果たし
、女優としての道を歩むことになります。

東宝シンデレラオーディション 歴代グランプリ受賞者

東宝シンデレラオーディションにてグランプリを受賞して、
女優になった方は、他にも多数いらっしゃいます。

歴代グランプリ受賞者

・1984年 : 沢口靖子さん
・1987年 : 小高恵美さん
・1991年 :  今村恵子
・1996年 :  野波麻帆
・2000年 :  長澤まさみ
・2006年 :  黒瀬真奈美
・2011年 :  上白石萌歌 ※ニュージェネレーション賞に浜辺美波さんが受賞
・2016年 :  福本莉子

今や、世間的に大女優の枠に入るであろう、
沢口靖子さんや、長澤まさみさんも、今回の賞の受賞者
だったようですね。

歴代グランプリ受賞者の年代がバラバラの通り、
このオーディションは不定期に開催されているようです。

浜辺美波は子供時代の時は、女優志望ではなかった?

どうやら、浜辺美波さんは、
子供の頃から女優になりたかったわけではないようです。

ツイッターで募集した質問コーナーで、「小さいころになりたかったもの」を聞かれた浜辺は「歯医者さんとサーカスの人」と回答。「バナナを食べながら寝ちゃったりして虫歯が多かった。歯医者に通うことが多くて、お世話になっている人の職業がいいなと思って、なりたいと言ったら両親がすごく喜んでくれた」という。

東京中日スポーツ

浜辺美波さんの子供の頃の夢は、接する機会の多かった、
歯医者さんだったようです。

でも、女優志望でもないのに、なぜ東宝シンデレラオーディションに応募したのでしょうか。
あれだけ苦しい思いをしながらも苦手なダンスも頑張っていたのに。。

どうやら、東宝シンデレラオーディションに応募したきっかけは、
浜辺美波さんのお母様だったようです。

確かに、あれだけ可愛い子供時代の写真を見ると、
親としては、我が子を芸能コンテストに挑戦させたくなる気持ちも分かりますね。

ただ、お母様が無断で勝手に応募したわけではなく、
ちゃんと応募前に、お母様から浜辺美波さん本人に話をして、親子で相談した後に、
東宝シンデレラオーディションへの応募を決めたようです。

結果論ですが、東宝シンデレラオーディションの参加がなければ、
女優になられていた可能性は低そうですし、
お母様が浜辺美波さんの背中を押してくれたことは、
非常に良い決断だったといえそうですね!

今後も浜辺美波さんの出演作品に注目していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です